自衛隊は九条を違反してるが、違憲ではありません。


まず一言いいときます、以下は素人の考えであります。

自衛隊は九条を違反してるが、違憲ではありません。

日本の自衛隊は名前に自衛が着いてますか、実質的に軍隊であって九条の「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」の文句を確かに違反してる。
しかし、日本政府は九条より法規性の高い13条そして最高法規制である97条を守るためであれば軍隊を持つが合憲となります。

13条

「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」

第10章最高法規にある97条

「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。」

つまり、日本国民が武力に脅され、日本国民の人権を守るため絶対に軍隊が必要であれば、日本政府は軍隊を持つべき。軍隊を持てなければ、憲法の義務を果たせない。
さらに、軍隊は日本国民の人権を守る以外の為に一切使えません。

逆に、日本国民が現実的に武力に脅される可能性がなく、日本国民の人権を軍隊で守る必要が無ければ、日本政府は一切軍隊を持つべきじゃありません。

追加です
日本は第10章すべてを守らないといけない、軍隊を絶対必要であれば、使うべき。

第10章の98条

「この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。
日本国が締結した条約及び確立された国際法規は、これを誠実に遵守することを必要とする。」

第10章の99条

「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」

つまり、日本国民の人権、日本憲法、「日本国が締結した条約及び確立された国際法規」を守る為に軍隊を絶対に必要であれば、軍隊を持つベキ。

p.s. Hat tip to Hayashida for the pointer on Article 13.

Advertisements

One thought on “自衛隊は九条を違反してるが、違憲ではありません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s